SeasonWINDはてなブログ版

自転車、アニメ、マンガ、日常の由無し事を徒然なるままに書き綴っているブログです。

日本人は挑戦することを褒めないという話。

ツール・ド・フランスも昨日の第20ステージで決着がついたわけですが、フルームが総合優勝できなくて残念です。

とはいえ、同じチームSkyのゲラント・トーマスがマイヨ・ジョーヌなのでSkyは凄いですね。

 

さて、タイトルの話ですが昨晩Jスポーツオンデマンドにて、ツールを観戦していた際のTwitterの「今年のツールで取り入れられた8人制、ボーナスポイント、グリッドスタートについてどう思うか」という質問に対して、飯田さん、栗村さんが否定的な意見を言おうとした際にサッシャさんが「日本人は挑戦することを褒めない」ということをおっしゃいました。

結果としてこれらの挑戦はツールをそれほど盛り上げることはできなかったし、8人制については新城選手もこのせいかどうかはわかりませんが、出場できなかったし、落車も特に減ったようには思いませんでした。

ただ、これはやってみないとわからなかったことで、今回これらを実施したことで、改善ポイントがわかるため、良い挑戦をしたという話をされました。

 

確かに全ての日本人がそうかというわけではないですが、挑戦する人を賞賛しない傾向はあるなと思い大変感心しました。

 

自分はどうかと考えましたが、悩むよりやってみるという精神で生きているかなと自分は思います。

少しは考えますが、考えていても結果は出ないので、結局何処かでやらなければいけないですし、やらないとどうするのが最善なのかも結局わからないのです。

現在は、どうすれば自分の脚力が挙げられるのかを試行錯誤していますが、私の場合は絶対的に練習量が足りないということがわかっており、まずは乗ることを考えています。

 

とはいえ、仕事に支障が出るほどには乗れないのですけどね。

 

今日は、いつもの外練コースを走りましたが、行きも帰りも追い風で気温もそれほど高くならなかったので、先週よりは快適に走れました。

でも、まだまだパワーが足りないです。

FTP250wに行くビジョンがわきません。どれぐらい乗ればいいのだろうか・・・

FTP下がった・・・

前回FTP Testをしたのは4月15日でした。

今日は久しぶりに三浦海岸でも行こうかとも思ったのですが、最近の土曜日はやる気が減退しているので結局走りには行かずに、夜にFTP Testを3ヶ月ぶりにやってみると、めっちゃFTPが落ちておりました。

 

結果は152w。

 

前回は194wだったので、42wも下がったことになります。

 

seasonwind.hatenablog.com

 シクロスフィアでデータをみてみましたが、NPは152wでZWIFTでやっているSST Shortをやる時がだいたい152w平均なので、テストの精度が高いということがわかった感じです。

 

2〜3分であれば200w以上も何とか出せるのですが、最終的に20分以上を200w維持する力はまだないという貧脚ぶりを再確認したという感じです。

 

課題としては週末は外でしっかりロングライドをやって平日ローラー台でトレーニングしないとレースに出れる脚にはならないということがわかりました。

パワーメーターを取り入れて完全に実力がないことがわかってしまいました。

 

仕事しながら平日練習するのは辛いなぁ・・・

乗鞍スカイラインヒルクライムは中止になりました。

西日本は雨で大変なようで、乗鞍スカイラインヒルクライムは前日案内ではなく金曜日に中止が発表されました。

行くかどうか悩んでいたので、中止になったのは心に棘が刺さることがなくなったので良かったかな。

 

こちらは本日は雨は降らなかったので富士ヒルクライム後、久しぶりの外練をしました。

ローラー台に乗るときは50分のZWIFTワークアウトをやっているのですが、距離を乗るのは外練出ないとできないので、久しぶりの外練はキツかったです。

外練と言いつつ単に外を走るだけですけどね。

実は富士ヒルクライムの際には自走での移動中にリアディレイラーのシフトワイヤーが切れそうになってしまいローギアしか使えなくなってしまいました。

大会はどうせヒルクライムなのでローギアだけで登ればいいかと思ったのですが、やはりギアが変えられないのは結構辛いですね。

 

それでお店でシフトケーブルを直してもらおうとも思ったのですが、いい加減自分でシフトワイヤー交換というかリアディレイラーの調整ができるようになりたいと思い自分で交換しました。

昔自分で交換しようとした際には、内装型のワイヤーを上手く扱うことができなかったので、パークツールのワイヤーツールを購入していたのですが、このツールを利用することもなくワイヤー交換することができました。

そのかいあって、リアディレイラーの調整が何となくできるようになりました。

これから、もっと乗り込みたいです。

最近の私の自転車事情

ブログを書かなくなって大分経ってしまいました。

その間には緑のAACRに参加したり富士ヒルクライムに参加したりしていました。

緑のAACRはサイクルイベントなので、特にどうという話もないのですが、後半は少しバテ気味でした。

どこぞのトレインに便乗して楽をさせてもらいました。

 

そして、イケてなかったのが富士ヒルクライムで、今年は全く峠に走りに行けていなかったので、最後のあがきと思い出場2回目の時に懲りた自走で会場まで行くをやったのはやはり裏目に出てしまいました。

道志道があんなに辛かった記憶はないのですが、途中何度か自転車を押し歩くことになってしまうほど坂が登れなくなっておりました。

感覚的には昨年よりもパワーは上がったような気がしていたのですが、実際には変わっていないどころか去年の同時期に比べると落ちていたのでしょう。

まだ、去年の同時期にはパワーメーターを導入していなかったので本当のところはわかりませんが、乗っている距離が去年と今年だと半分くらい減っているという体たらくぶりだということに最近気づきました。

ローラー台の回数が増えて外に行く回数が減ってしまっており、総じて距離が乗れていないし、峠にも行っていないということになります。

 

そして、迎える今週末は乗鞍スカイラインヒルクライムなのですが、天気も悪そうだし、相変わらず峠練できていないので、参加するかどうかマジで悩み中。

ギリギリまで悩もうと思います。

天気次第というのが一番ですが、今年の富士ヒルクライムで何度か押し歩いたことを考えると乗鞍は富士よりかなりキツイ思い出しかないので、ちょっと、いや、だいぶ行く気が減退しております。

それでも、こんな時だから登りに行きたくもなるんですけどね・・・

いや、本当に天気次第です。

2週間ぶりに自転車に乗ってみた。

腰をGWの初っ端から痛めて自転車に乗るのを自重しておりましたが、だいぶマシになってきたのとこれ以上乗らないのはまず5月20日のアルプス安曇野センチュリーライドに支障が出そうだったので、乗りました。

AACRの車検に川崎のY'sロードに自転車に乗って行ったのですが、ダンシングしようとした際にちょっと腰が痛くなりましたが、シッティングで乗っている分には腰の痛みは感じませんでした。

ただ、2週間乗っていないと足が回らない感じはありましたし、息もすぐに上がってしまう感覚がありました。

Y'sロードまでは片道5km程度なので、家に戻ってからローラー台でZWIFTをやりました。メニューはいつものSST(Short)ですが、ここでFTPが下がったのを顕著に感じるというか数字で突き付けられました。

Power meterは残酷ですね・・・

 

ワークアウトは失敗です。感覚的には20くらいFTPが下がった感じでした。

AACRはレースではないものの160km走るので、足が回るように平日リハビリ練習が必要なのと、3週間後の富士ヒルクライムに備えて練習再開です。

とはいえ、腰が万全ではないので痛みが再発するようであれば少し考える必要はありそうですね。

【スポンサーリンク】