SeasonWINDはてなブログ版

自転車、アニメ、マンガ、日常の由無し事を徒然なるままに書き綴っているブログです。

「Re : CREATORS NAKED 1」を読みました。

「Re :  CREATORS NAKED 1」を読みました。

2017年のアニメ作品の中でも好きな作品となります「Re : CREATORS」の原作本の前編です。

作者の広江礼威さんは「Black Lagoon」で好きになったのですが、本作品も大変面白かったです。

とはいえ作品のテイストとしては「Black Lagoon」の方が好きなのですが、というかアニメの初めの数話を観て「Re : CREATORS」は正直期待ハズレかもとか思いましたが、最後まで楽しく観ましたよ。

 

さて、本の話ですが大変楽しんだアニメの原作ということで気になって読みました。正に原作というのが伺える内容でした。

アニメは、本書で作られているのです。

本書は広江さんが書いた字コンテ(絵コンテではない)となっており、本書を読むとアニメの情景がまじまじと浮かびます。それぐらい原作としてしっかり書いてあるのです。

小説っぽいのですが、小説ではなく、キャラクターの演技やシーンの説明がしっかり書かれており、アニメはこれを元に絵コンテを起こされたんだろうと容易に想像できます。

 

私も昔下手の横好きで漫画を描いたことがありますが、まずはこのレベルで字コンテを書いた方が良かったのか、そもそもこのレベルのお話が考えられたら苦労しないというか、結局話を考えてもコマ割りできないとか、色々考えさせられましたが、字コンテやばいというのが本書の感想です。

 

再度、アニメを観返したくなりました。

2巻ももうすぐ発売ですが、Kindle版も早々に発売して欲しいですね。

発売されたら購入します。

 

「劇場版 響け!ユーフォニアム ~届けたいメロディ~」を観てきました。

Fate/stay nightの劇場版を観てきたついでと言っては何ですが、「劇場版 響け!ユーフォニアム ~届けたいメロディ~」も観てきました。

シネコンに行くと色々観られていいですね。

響け!ユーフォニアム」は、TVアニメも1期、2期ともにチェックしておりました。

また、1期の後に公開された劇場版も観に行きました。

2期の劇場版がやっているのは知らなかったのですが、Fate劇場版の時間を調べていたら、ユーフォニアムの劇場版を公開していることを知り、これもチェックすべしと観てきました。

内容は、2期の総集編ではあるのですが、1期の劇場版の時にユーフォニアムの劇場版は単なる総集編という感じではなく一つのお話としてしっかり編集されており、見応えがありましたので、これを期待して観てきました。

 

期待は裏切られることなく、非常に良い内容となっておりました。

また、劇場版用の新作カットもありました。

劇場1期の時には演奏シーンが若干物足りませんでしたが、今作は演奏シーンもしっかり取り込まれており、テレビにはない満足感がありました。

公式サイトの説明にある通り本劇場版は、あすかと久美子の話を丁寧に再編集したもので、じっくり二人の関係を堪能することができました。

 

部活モノいいですね。テレビ版の時も感動しましたが、劇場版でもまた感動しました。

Blu-rayも欲しいな。

 

さて、あと本劇場版では本編前にフォトセッションという枠が用意されており、劇場内だけどワンショット写真が撮れるというので、撮ってきました。

f:id:nob0018:20171015222158j:plain

3週目に劇場に行ったので3年生となります。あすか先輩ファンの私としてはありでした。

Blu-rayには特典で全セッション入れておいて欲しいですね。写真を撮るまでの流れがありますので。

新作もあるようなことが公式サイトに書いてあるので、まだまだユーフォニアムから目が離せませんね。

「劇場版 「Fate / stay night [Heaven’s Feel] I.presage flower」」を観てきました。

2017年10月14日公開「劇場版 「Fate / stay night [Heaven’s Feel] I.presage flower」」を観てきました。

Fate/stay night」の最終章[Heaven's Feel]の映像化ですね。

Type-Moon作品は当初映像化作品は微妙な出来なものが多かったのですが、「空の境界」がufotableでアニメ化されたのを皮切りに、Type-Moon作品の映像化いけると思ってきたものです。

できれば「月姫」もufotableでアニメ化してほしいですね。

 

さて、という話は[Heaven's Feel]と関係ない話は置いておいて、私はFateのファンであるので公開初日の舞台挨拶ライブビューイングの回で観てきました。

スタッフさんの本映画にかけた想いを聞くことで、本編に向ける助走は十分であったと思います。

というのも、スタッフさんがおっしゃっていた圧を十分に堪能できたと思います。

劇場ならでは、音と映像の迫力が圧倒的な圧で押し寄せてきました。

[Heaven's Feel]の原作をやったのは実に15年前になるため、内容がほぼ抜けており、こんな話だったかなぁという感じはありましたが、別に話がわからないということはなく、印象と違うというところはありました。

というのも、私の[Heaven's Feel]の印象はあまり派手なバトルはなく、心象風景メインのような章だったように思ったためですが、劇場版1作目はむしろバトルメインといっても過言ではない内容となっておりました。

ランサー好きは観ておいた方がいいですね。

 

ufotableType-Moon作品において映像がきれいなことは言うまでもないですが、演出上の間も今作の見所であったと思います。

Fateの原作の中で私はある意味[Heaven's Feel]が一番好きというかライダーと桜が好きなので、今後の展開が非常に楽しみです。

 

でも、ヒロイン単品では凛が好きなんですけどね・・・

「ファイナルファンタジーXIV光のお父さん」を観ました。

ファイナルファンタジーXIV光のお父さん」を観ました。

今年の初めにファイナルファンタジーXIVを再開して、蒼天のイシュガルドを進めておりましたが、最近はまたFFXIVをやらない日々が続いております。

そんな矢先に、FFXIVを題材にしたドラマがやるということで観たいなぁっと思っておりましたが、生憎テレビを観れる環境にないため、Blu-rayが発売されるのを待っておりました。

そして、先日Blu-rayが発売されたので早速チェック。

全7話構成でBlu-rayには特典映像としてさらに1話追加されておりました。

内容は総集編プラス後日談といった内容です。

正直FFXIVのプレーヤーの年齢層はわかりませんが、自分が老後をむかえたら、これはあるなとは思いました。

今は仕事で忙しいのでオンラインゲームに没頭できる時間はそれほど捻出できませんがリタイアしたら、ゲームに没頭するというのもいいですね。

いや、老後は漫画を描くというのあるしな・・・

 

特典映像としてはメイキング動画もあるようですが、それはまだチェックしておりません。

劇中では、FFXIVのプレー動画も使われているのですが、あんなにスムーズにエモートを使いこなすプレーヤーはオンラインに存在しているのかが気になりました。

あそこまでキャラクターを操れたら、相当楽しいのだろうなぁ。

 

とりあえずドラマとしてはよく出来ており大変楽しめました。

せっかく紅蓮の解放者も購入しているので時間をみつけてFFXIVを進めたくなりました。

週末に少しづつまた進めたいな。

 

 

 

VR初体験

先日久しぶりに友人宅に遊びに行ったら見慣れないデバイスが置いてあるじゃないですか。

PlayStation VRが置いてあって、「いつ買ったの?」と聞いたら、「6月くらい」と返ってきました。

聞いてないし(別に言わなければいけない理由もないけど・・・)

それで、気になっていた「Summer Lesson」を購入しているのかを聞いたら、それは買っていないという始末。その後「「シンデレラガールズ」はやったの?」と聞いたら、「それはやった」という始末。

ということで、試しにやらせてもらったら、没入感が半端なかったです。

正直画像の解像度はドットが目立ってしまいゲーム感はあるのですが、臨場感は言葉では言い表せない感動を得ることができました。

アイドルのライブとかはゲームショーとかでしか体験したことがないのですが、PSVRでのその場所にいる感は正にバーチャルリアリティ(仮想現実)という言葉に偽りのない現実感を与えてくれました。

PlayStation VR PlayStation Camera同梱版

PlayStation VR PlayStation Camera同梱版

 

さらに続けざまに実はVIVEもあるよという話になり、VIVEも体験させてもらったのですが、こちらはこちらですごい体験をさせてもらいました。

某カスタムメイド3Dのダンスがシンデレラガールズに勝るとも劣らないデキだということで体験させてもらいましたが、これはこれでローアングルもいけるというPCならではの作りというか・・・

それは置いておいてキャラクターの間近に寄れるという仕様により、そこにいる感がやばかったです。

 

というVRのすごさを感じたのですが、色々調べてみるとセッティングに必要なスペースとか、向きがずれたりとか、PCが固まったりとか、まだまだ黎明期なんだなという感じはあるもののそこにある未来を体験したいという欲求にかられました。

とはいえ、現在の私の部屋にはおけないので、まずは部屋に十分なスペースを確保しようかなというモチベーションを挙げられました。

 

何より、PSVRは機能アップ版が値下げして発売されるので、冬のボーナス購入候補のガジェットにあげられますよね。

 

VRの出来があそこまであるのであれば、正直「Summer Lesson」は単なるコミュニケーションゲームではなく、エデュテイメントソフトとして、普通にプレーヤーに英語の勉強をさせてくれるという仕様でもよかったのではないかと思います。

まずはしっかり発音の勉強をさせてくれて、その後はキャラクターと英語で会話する勉強ソフトでもキャラクターが可愛ければ頑張れると思いました。

 

そんなコンテンツが出たら、即買いだな。仕様は昔スクウェアエニックスから発売されたスマフォアプリの「Summer Story」でもいいかなと思いますが、最近は音声認識の精度ももっと上がっているので、コンテンツとしてはもっと充実させられると思います。

単純にリスニングの向上という名目でもいけるよね。

 

【スポンサーリンク】