SeasonWINDはてなブログ版

自転車、アニメ、マンガ、日常の由無し事を徒然なるままに書き綴っているブログです。

ロボマスターズが面白いのでトイドローンを買ってみた。

 2017年秋アニメの中でかなりのお気に入りは「ROBOMASTERS THE ANIMATED SERIES」です。

日中同時配信という意欲作で、かつ、やれば出来るGONZO作品です。

RoboMastersというのは、中国で開催されているロボコンです。日本のロボコンよりも過激で敵、味方に分かれて弾の打ち合いがされて、よりエンターテイメント性の高い内容となっております。

アニメの舞台も中国(香港)の大学なので登場人物も中国人なのかな。

大学の風景をかなり忠実に再現しているらしいです。

 

本作は別にドローンが主役というわけではないのですが、主人公がドローンを使っているため、アニメの序盤(まだ序盤しかやっていませんが)はドローンが結構頻繁に出てきます。

ドローンレースも出てきたりとか、男の子ならかなり胸熱な展開なのではないでしょうか。

自分も自作ロボットとかかなり興味があるのですが、費用の関係で手を出してはおりませんが、そのうちやってみたい趣味ではあります。

 

で、本作を観ていて兼ねてより気になっていたドローンをアマゾンで購入しました。

当然やたらと高いドローンではなく部屋の中でも飛ばせる1万円前後のトイドローンです。

おもちゃとはいえ、しっかりと空中にホバリングできる優れものです。

はじめはすぐに部屋の壁にぶつかって墜落してしまいました。

徐々に操作に慣れてきました。

まだ、スマフォ連携は試していないのですが、FPVもできる機種なのでスマフォ連携して空撮動画を撮影して観たいです。

 

っていうか、ただ飛ばすだけでも楽しいですね。

自分の思う通りにまだまだ操作できないのですが、それがまた楽しい。

ドローンレースにも興味はあるもののレースに出るようなドローンは結構お高いので、しばらくはトイドローンで十分かな。

操作が思い通りにできるくらいに嵌まれるなら、レース用ドローンを自作してみたいものです。

 

めぐりズムに嵌ってます。

 最近寝る時に、蒸気でホットアイマスクめぐりズムに嵌ってます。

香りもいくつかあるのですが、とりあえず寝る時に使っているためラベンダーセージの香りをチョイス。

パソコン仕事が多いので、目が疲れているなぁって思うことがしばしばあり、ドラッグストアにいったら面白そうと思って買っていたのですが、一回使ったあとはしばらく使っておりませんでした。

 

最近でもないかもしれないですが、「目を温めると体が自然によみがえる!」みたいな本の広告を見て、買ってだいぶ放置していためぐりズムを使ってみたところ、大変気持ちよく眠れました。

目の疲れがリセットされた感じで、自律神経に好作用があることを私としては実感して、かなり酔っ払っている時でなければ最近はこれをつけて寝るようにしています。

この手のものは慣れてしまうと効果が薄れていくような気もしますが、とりあえず目が疲れたなぁって時には効果絶大だと感じているのでそう思っている間は常備しておきたい商品です。

週末また買ってこよう。

 

ちなみに、広告で見た本は読んでいません。今度読んでみるかな。

めぐりズム 蒸気でホットアイマスク ラベンダーセージの香り 14枚入

めぐりズム 蒸気でホットアイマスク ラベンダーセージの香り 14枚入

 
目を温めると身体が自然によみがえる! (Sanctuary books)

目を温めると身体が自然によみがえる! (Sanctuary books)

 

 

トレーニングアシスト機能を使ってみた。

ペダリングモニターを購入して、サイクルコンピューターもガーミンから、パイオニアのSGX-CA500に変更したため、トレーニング管理もガーミンコネクトから、シクロスフィアに変更 しております。

そして、シクロスフィアのサービスとしてトレーニングアシスト機能があます。

これは自分の目標パワーとかに応じてトレーニングメニューの作成を支援してくれるサービスです。

各トレーニング毎にトレーニングの説明が書かれており、実際にトレーニングメニューを設定することができます。

Web(スマートフォンサイト)で作成したトレーニングメニューはWifi経由でCA500にダウンロードできます。

 

いつもはローラー台でのトレーニングはZWIFTのワークアウトでやっているため、トレーニングアシストのサービスは知ってはいたのですが使っておりませんでした。

ただ、昨日はトレーニング時間にライブでJapan Cup ロードレースがやっていたため、Japan Cupを観ながらローラー台をやろうと思って、トレーニングアシストを使ってみました。

トレーニングアシストでトレーニングをするとシクロスフィアのトレーニングアシストページにリザルトが表示されて設定数値が達成できたかの分析指標が表示されるので便利ではあります。

また、トレーニングアシストでメニューを作成することで単調なローラー台トレーニングにハリが出ますが、ZWIFTのワークアウトの方が個人的には楽しいかなと思いました。

 

今回のようにZWIFTが使えない時にトレーニングアシストは有効かとは思いますが、普段のローラー台はZWIFTでいいかなというのが私の結論です。

 

とはいえ、サイクリングロードなどでの危なくない環境の実走で、トレーニングアシストを使うのは実走トレーニングの質を上げるという観点では有りかとも思いました。

リザルトの確認は便利機能ですね。

 

LAKE CX237を購入しました。

愛用していたシューズのソールがボロボロになっていた(つま先のカーボンが割れたりしていた)ので、シマノのS-PHYRE RC9を購入したが、7月くらいだったと思います。

元々履いていたシューズのサイズは44だったのですが、少し大きいかなと感じておりました。

RC9についてはショップで試し履きをして43のサイズを購入しました。ロードのシューズは多少キツイくらいがちょうどいいという記事も読んだのがきかっけでしたが、実際にペダリングをしてみると少しきつくて1時間以上のペダリングはちょっとしたくないと思えるサイズでありました。

それでも我慢して履いていればブレイクインするかなと考えていたのですが、そんなこともなく、最近は以前のシューズに戻してロードに乗っておりました。

RC9でペダリングするのは正直キツイので諦めたのです。

それなりに高い買い物となったRC9なのですが、以前のシューズも履けない訳ではないので、もう1年くらい履いて買い換えようかなと思っていました。とはいえ、新しいシューズが欲しいなぁっと思っていたところ、9月のGSRカップでLAKEのシューズを試し履きして結構良さそうだったので、今回購入に踏み切りました。

購入したのはCX237 WIDE 43.5となります。

LAKEの最上位モデルはカンガルー皮が使われており大変気になったのですが、 これは少し細身に作られており試し履きした際に少しキツイ印象がありました。

RC9でキツイと感じるのはロングライドを楽しむためにはマイナス要素になると感じたので、上位モデルにこだわらずに自分の足にフィットするCX237を購入したのです。

そもそもロードのシューズは消耗品だなと感じたので、あまり高いものは買わなくてもいいかなとも感じました。

 

そして、注文したシューズが届いたのでビンディングをつけて早速ローラー台でペダリングしてみました。

1時間20分のZWIFTのワークアウトをやった感想としては足にジャストフィットするシューズはペダリング効率をあげる効果があると感じました。

実際には、感じただけで数値はあまり変わっていなかったのですが、ここら辺はコンディションの問題と以前のシューズはフィッティングサービスでクリート位置も調整してもらっており、今回はあまりクリート位置を突き詰めてないという違いがあります。

CX237の価格感もRC9と比べてそれほど安い訳ではないので、クリート位置を突き詰めることにより、さらに良いペダリングが出来るようになるかなという印象はありました。

また、牛側のアッパーは履き込むことにより、より私の足にフィットしてくると思いますので、練習にて自分の道具として磨き上げていきたいですね。

 

満足のいく買い物になったと思います。

 

「Re : CREATORS NAKED 1」を読みました。

「Re :  CREATORS NAKED 1」を読みました。

2017年のアニメ作品の中でも好きな作品となります「Re : CREATORS」の原作本の前編です。

作者の広江礼威さんは「Black Lagoon」で好きになったのですが、本作品も大変面白かったです。

とはいえ作品のテイストとしては「Black Lagoon」の方が好きなのですが、というかアニメの初めの数話を観て「Re : CREATORS」は正直期待ハズレかもとか思いましたが、最後まで楽しく観ましたよ。

 

さて、本の話ですが大変楽しんだアニメの原作ということで気になって読みました。正に原作というのが伺える内容でした。

アニメは、本書で作られているのです。

本書は広江さんが書いた字コンテ(絵コンテではない)となっており、本書を読むとアニメの情景がまじまじと浮かびます。それぐらい原作としてしっかり書いてあるのです。

小説っぽいのですが、小説ではなく、キャラクターの演技やシーンの説明がしっかり書かれており、アニメはこれを元に絵コンテを起こされたんだろうと容易に想像できます。

 

私も昔下手の横好きで漫画を描いたことがありますが、まずはこのレベルで字コンテを書いた方が良かったのか、そもそもこのレベルのお話が考えられたら苦労しないというか、結局話を考えてもコマ割りできないとか、色々考えさせられましたが、字コンテやばいというのが本書の感想です。

 

再度、アニメを観返したくなりました。

2巻ももうすぐ発売ですが、Kindle版も早々に発売して欲しいですね。

発売されたら購入します。

 

【スポンサーリンク】