SeasonWINDはてなブログ版

自転車、アニメ、マンガ、日常の由無し事を徒然なるままに書き綴っているブログです。

第8回東京ヒルクライムHINOHARA Stage 屈辱の連続DNF

2018年10月7日(日)東京都檜原村にて第8回東京ヒルクライムHINOHARA Stageが開催されました。

多くのヒルクライムイベントは前日受付なのですが、本イベントは受付なしで申込者に事前に計測タグ、ゼッケン、参加賞引き換え券などが送られてきます。

したがって、スタートまでにスタート地点に準備をしていることで参加できます。

というわけで、去年時間ギリギリで荷物預けに間に合わないという失態を演じたにも関わらず今年も当日時間前に家から自走で向かいました。

出がけの準備終了後に突然の腹痛に襲われて、出発予定時刻を10分超過しましたが、まだ余裕がありました。

また、道中も30キロくらい走ったところで腹痛がというか、全体的に体がだるい感じでした。

調子悪いとは思っていたのですが、そのままスタート地点の檜原村を目指して、自転車を走らせスタート地点まで残り10キロ程度のコンビニでトイレ休憩。

時間的には5時半少しすぎには、スタート地点に到着する見込みで、予定通りスタート地点に到着し、今年は無事に荷物を預けられました。

 

とここまでは良かったのですが、相変わらず腹痛に襲われており、荷物預け後スタート時間まではまだ余裕があったので急ぎ麓のセブンまで引き返してトイレ休憩。

何とか人ごごちつき、スタート地点に戻ります。

かなり余計なウォームアップをした感じです。

f:id:nob0018:20181008112506j:plain

そして私は最終の第6ウェーブのほぼ最後尾スタートとなりました。

スタートして、檜原村役場越えた交差点を左折するまではローリングスタートとなります。

HINORAHA Stageは、はじめの14km程度はアップダウンを繰り返す緩斜面となっておりこれがヒルクライムレースかという感じなのですが、14kmをすぎると登り調子となっていき18kmを越えると急斜面基調となります。

 

私はというとはじめの5kmほど走行した際に急に後輪がスリップするのを感じました。

パンクかと思ったのですが、走れないという感じはなかったのですが、カーブで時々後輪が滑る感じがあったので、下りのカーブはかなり減速して後輪を傾けないように気を使いました。

止まって後輪を確かめても良かったのですが、ニュートラルカーがいるわけでもないため、行けるところまで行こうと思いそのまま走り続けました。

 

その結果、都民の森の関門を2分弱オーバーして今年も足切り(DNF)となりました。

そこでまでの平均パワーで考えれば、ヒルクライム計算上は85分で都民の森関門を通過できていたと推察できるため、空気圧が甘くなっていた影響は結構あったと思います。

走行中気をつかいながら走っていたのでかなりのストレスでした。

足切りになって都民の森で後輪を確認した際に、感覚ですが空気圧は3~4barといった感じで指で押すと容易にタイヤが沈みました。

スローパンクしていたのだと思います。

それでよく走れたとは思いますが、次にやばかったのは足切りになったため、荷物預かり場の風張峠まで登れないということです。

DNFとなった場合には数馬の湯で荷物を受け取れるということで、軽くドリンク休憩をしてすぐに数馬の湯まで下山しました。

当然カーブでは最徐行です。下りなので安全運転。

数馬の湯では閉会式を前に、檜原村の名産による軽食が例年通りふるまわれておりました。

f:id:nob0018:20181008114644j:plain

味噌田楽、じゃがいもは美味しかったのですが、焼きおにぎりが冷凍の物のようにパサパサしており、ちょっとというかかなりいまいちな味でした。去年はこんなではなかったのですけど、少し準備費用が削られたのでしょうか。豚汁は相変わらず美味しかったです。

f:id:nob0018:20181008114831j:plain

そして、これも毎年恒例の村長のオカリナ演奏。優しい音がいいですよね。

という感じで荷物を届くのを待っておりました。

荷物が到着して、後輪に空気を入れたらしっかり入りました。

すぐに空気が抜ける感じもなかったので、そのまま下山。

信号ストップなどで空気圧を確認しても問題なし。

使っているソーヨーのラテックスチューブはパンクしても空気が抜けづらいのがウリなので効果高いですね。

ただ、時間で空気圧が減りやすいのも特徴です。

 

結局、自宅までの80キロ超はそのままタイヤ交換も空気圧補充もせずに帰れました。

この日はなんだかんだ190キロ程度走ったのでかなり疲れましたけどね。

 

そして、一夜たって後輪の空気圧をみたところ完全に空気が抜けていたので、パンクしているのは確定です。

 

マシントラブルで満足なレース結果が出ないというのは初めてでしたが、平均パワーから過去のストラバの履歴からみると2016年の方が結果がよかったので、去年よりは走れるようになっていたとは思いますが、やはり年と体重によるロスはまだまだ補えていないことが判明しました。

 

もっとトレーニングが必要だということを再確認できたレースでした。

来年は良い結果が残せるように今日からまた頑張ります。

 

ソーヨータイヤ(SOYO TYRE) ラテックスチューブ LATEX TUBE W700×23~~25C 仏式

ソーヨータイヤ(SOYO TYRE) ラテックスチューブ LATEX TUBE W700×23~~25C 仏式

 

 

 

伊豆大島御神火ライド2018に参加してきた。(イベント翌日編)

前回のブログ更新からだいぶ日が空いてしまいました。

 

seasonwind.hatenablog.com

 イベント当日は荒天により、三原山ライドが中止になってしまいましたが、翌日の日曜日に朝食を食べて、三原山ライドに挑戦してきました。

イベント翌日に三原山ライドをしようという方は私だけではなくライド中何人かのサイクリストとすれ違いました。

イベント当日に三原山ライドは結構キツイ斜度だと聞いていたので、心して登ったのですが、私が登った道は三原山登山道であり、イベント時には下りで走るはずの道であったため、斜度はそこまでキツくありませんでした。

イベントと同じ道で登りたかったのですが、道を間違えていたことに気づいたの登り終わってからというか途中から薄々感じてはいたものの引き返す時間もないと思いそのまま登りました。

天気は前日に比べれば風もそこまで強くはなかったものの雲がかなり出ており、三原山火口をみるのは難しかったですね。

f:id:nob0018:20180924212939j:plain

f:id:nob0018:20180924213436j:plain

三原山の頂上で、前日にも食べた牛乳アイスを購入し、同じく頂上にきたサイクリストの方と小休止をして、三原山を登ってきた道と同じ道を下って岡田港を目指しました。

三原山登山道は工事中で一部舗装されていない箇所があり、登る際にもパンクが心配でしたが、下りはもっと怖くて落車するんじゃないかと思いましたが、何とかやり過ごせました。

安全を考えれば自転車から降りて押し歩くという選択をしても下りはよかったかなと思います。

f:id:nob0018:20180924213826j:plain

岡田港には10時頃に到着しました。帰りの船は13時20分発なので、ちょっと早く着きすぎたと思ったのですが、ここからどこかを回る時間もないと思い、自転車を輪行袋にしまい適当に海を見つつ、昼飯どころを探しました。

f:id:nob0018:20180924214129j:plain

11時20分頃に少し早いけど、昼飯を食べに港近くの食事処に入りました。

それにしても、一向に船で帰る人が集まって来ないなぁっと思って、嫌な予感がしたので、出航する港を調べたら、まんまと岡田港出航ではないことが判明しました。

ちょっとイヤな汗をかきつつ、昼飯を一息で食べてお会計を済ませて、すぐに輪行袋にしまった自転車を再度組み上げ、元町港を目指します。

岡田港から元町港は距離で7kmほど離れており、はじめの1kmほどが登りでその後は下り基調でした。

岡田港からはじめの登りを一気に駆け上がり、元町港には12時20分頃に到着しました。

そこには、前日イベントに参加したであろうサイクリストで賑わっておりました。

間違いなく出航する港です。

っていうか、元町港出航だとわかっていれば、朝一番で元町港によってコインロッカーに荷物を預けて三原山ライドなり、もう一周大島を走ることができたなぁって少し後悔しました。

 

この後悔は来年イベントが開催された際に、晴らしたいと思います。

伊豆大島一周は47km程度で適度なアップダウンがあるのと見晴らしがとても良いサイクリングにはもってこいの場所でした。

f:id:nob0018:20180924215112j:plain

来年もぜひ参加したいイベントですね。

伊豆大島御神火ライド2018に参加してきた。(イベント前日・当日編)

2018年9月8日(土)に伊豆大島にて開催された「伊豆大島御神火御神火ライド2018」に参加してきました。

今年は冬の間に乗れていなかったり、天候不順だったり、やる気がいまいちだったりでレースはそれほど参加しておらず気分転換にサイクリングイベントに参加しようと思い申し込みました。

せっかくなので、普段行かないようなところがいいなということで、東京都ではありますが、島である大島に船で行きました。

7日(金)23時竹芝港発のさるびあ丸にて、大島へ行ってきました。

フェリーは以前に東京湾一周した際に軽く乗りましたが、今回はガッツリ6時間の船旅です。船の中ではほぼ寝てましたので、あっという間につきました。

 

seasonwind.hatenablog.com

 到着の際に流れたアナウンスで天気は雨と言われて実際に、外に出てみるとめちゃくちゃ海が時化ってました。

f:id:nob0018:20180910210408j:plain

空模様はあれな感じですが、元町港に降りて待合所までは風は凄かったですが、雨は一旦止んでおりました。

そして、待合所で輪行解除している際にスコールがやってきて、これはちょっと走るの躊躇するなぁって思っていたところ、イベント会場に向かう準備が整った段では、スコールも止んでおりました。

待合所を出て、スタート地点の仲の原園地に向かう際には虹が見られました。

f:id:nob0018:20180910210852j:plain

かなり綺麗な虹だったので、会場入りする前に自転車を止めて撮影タイム。

風が強くて雨雲がそこかしこにあるので、天気は心配でしたが、せっかく大島まできたので、イベントを堪能しようと会場に向かいました。

元町港からスタート地点の仲の原園地は1kmも離れておらず、すぐに到着しました。

f:id:nob0018:20180910211245j:plain

f:id:nob0018:20180910211321j:plain

f:id:nob0018:20180910211346j:plain

会場入りした際には雨は降っておりませんでしたが、かなり風が強くその影響もあってか開会式のスタートが1時間遅れました。

また、当初は御神火チャレンジコース(73km)と大島ぐるっと一周コース(46km)の2つのコース設定があったのですが、強風のため三原山を登る御神火チャレンジコースは中止となりました。

私は、御神火チャレンジコースに申し込んでいたのですが、当日までコースプロフィールをちゃんと確認していなかったのですが、三原山ヒルクライムは平均斜度が9%から10%というかなりヘビーな内容だったので、まぁ、中止になって良かったのかもしれません。

最近、本当にまともに登れなくなっているので、少し安心しました。

 

さて、今回の伊豆大島御神火ライドですが申し込みの際にコースとスピードを選択することになっておりまして、私は中速を選んでおりました。

走るときはサポートライダーと同じ速度域を選んだ人たちを固まって走行することになると当日知りました。

とはいえそこまで集団形成はできないのですが、ポイントポイントで人数を確認しながら走るというわけで、自分のペースに合わないグループに入ってしまうとちょっと大変になってしまったでしょう。

私としてはちょうど良いチームで走れました。

坂は少し遅れましたが、最後まで同じチームで走れました。

ペースが遅ければ、後ろのチームに合流するなど、そこは臨機応変に対応ができたようです。

実際、うちのチームも少し人数の変動はありました。

f:id:nob0018:20180910212358j:plain

スタートを待っている間にもまた虹がかかりました。会場自体では降らなかったのですが、周辺では雨が降っていることを物語っており、祝福のアーチというわけには行かないなぁって思いました。

f:id:nob0018:20180910212534j:plain

開会式にてゲストライダーの4名の紹介も終わるといよいよスタートとなりました。

f:id:nob0018:20180910212634j:plain

第1エイドに行く途中にあるバウムクーヘン。見事な地層が見られました。

f:id:nob0018:20180910212749j:plain

そして、第1エイドのトウシキ芝生広場に到着しました。

f:id:nob0018:20180910212929j:plain

f:id:nob0018:20180910212948j:plain

f:id:nob0018:20180910213008j:plain

ここでは、コロッケ、おにぎり、牛乳せんべいをいただきました。

本イベントのエイドは適度な距離に設けられており、食べ物の量も多く、味もよく、大変堪能させていただきました。

周りの参加者からは量が多くて食べきれなかったという話も聞きましたが、私は全て完食させていただきました。

飲み物はPOKKAから提供されており、無料ドリンクの量も十分すぎるほどでした。

f:id:nob0018:20180910213248j:plain

第2エイドへ向かう前の難関である筆島でチームの合流を待ちながら写真撮影タイムに入りました。

f:id:nob0018:20180910213414j:plain

これから3kmの登りが始まります。コースガイドにも書かれておりましたが、この登りから第2エイドである大島公園椿園までは自動販売機もないため、第1エイドでしっかりとドリンクを補充しておいて良かったです。

登りは結構辛かったですが、思っていたよりも登れるようになっていたので、ZWIFT Academyの効果かなとちょっと嬉しくなりました。

f:id:nob0018:20180910213717j:plain

季節ではないので、椿の花は見られませんでしたが、第2エイドに到着です。

f:id:nob0018:20180910213810j:plain

第2エイドではエビカツバーガー、リスまんじゅう、どら焼き、写真には取っておりませんが明日葉のピザをいただきました。

大島では明日葉を使った料理がそこかしこで提供されておりました。

三原山ヒルクライムがなくなったため、ここまでくるとガッツリの登りはないのですが、大島は全体的に起伏が激しく登りくだりはこの後も結構ありました。

f:id:nob0018:20180910214117j:plain

f:id:nob0018:20180910214147j:plain

f:id:nob0018:20180910214211j:plain

第3エイドのぶらっとハウスでは、パッションフルーツと大島牛乳アイス、明日葉の蕎麦をいただきました。蕎麦が大変美味しかったです。

ここにくるまでに少し雨に降られましたが、日も出ておりすぐに乾きました。

また、ここでの休憩中も少し雨に降られました。

あとは、海岸線を走ってイベント会場に戻るだけで距離的には少し物足りない感じですが、ラストの海岸線は向かい風がキツイとサポートライダーの方から伺ったので、私はサポートライダーの方につきいちで走りました。

そのかいあってかなり楽に走らせていただきました。

元実業団選手だったとおっしゃっておりましたので、さすがですね。

f:id:nob0018:20180910214641j:plain

f:id:nob0018:20180910214726j:plain

後夜祭では、栗村さんの生輪生相談などのイベントを楽しませていただきました。

後夜祭を待っている最中や後夜祭中は結構雨に降られましたが、全体としては雨にそんなに濡れなかったというか気にはならなかったので、いいイベントでした。

宿の夕食も大変美味しく満足感いっぱいのイベントとなりました。

f:id:nob0018:20180910215004j:plain

さて、私はイベント後泊にしておりましたので、10日(日)は天気がよければ三原山に行ってみようと思い就寝しました。

 

それでは、三原山ヒルクライムの様子は次回の更新にて記載させていただきます。

 

日本人は挑戦することを褒めないという話。

ツール・ド・フランスも昨日の第20ステージで決着がついたわけですが、フルームが総合優勝できなくて残念です。

とはいえ、同じチームSkyのゲラント・トーマスがマイヨ・ジョーヌなのでSkyは凄いですね。

 

さて、タイトルの話ですが昨晩Jスポーツオンデマンドにて、ツールを観戦していた際のTwitterの「今年のツールで取り入れられた8人制、ボーナスポイント、グリッドスタートについてどう思うか」という質問に対して、飯田さん、栗村さんが否定的な意見を言おうとした際にサッシャさんが「日本人は挑戦することを褒めない」ということをおっしゃいました。

結果としてこれらの挑戦はツールをそれほど盛り上げることはできなかったし、8人制については新城選手もこのせいかどうかはわかりませんが、出場できなかったし、落車も特に減ったようには思いませんでした。

ただ、これはやってみないとわからなかったことで、今回これらを実施したことで、改善ポイントがわかるため、良い挑戦をしたという話をされました。

 

確かに全ての日本人がそうかというわけではないですが、挑戦する人を賞賛しない傾向はあるなと思い大変感心しました。

 

自分はどうかと考えましたが、悩むよりやってみるという精神で生きているかなと自分は思います。

少しは考えますが、考えていても結果は出ないので、結局何処かでやらなければいけないですし、やらないとどうするのが最善なのかも結局わからないのです。

現在は、どうすれば自分の脚力が挙げられるのかを試行錯誤していますが、私の場合は絶対的に練習量が足りないということがわかっており、まずは乗ることを考えています。

 

とはいえ、仕事に支障が出るほどには乗れないのですけどね。

 

今日は、いつもの外練コースを走りましたが、行きも帰りも追い風で気温もそれほど高くならなかったので、先週よりは快適に走れました。

でも、まだまだパワーが足りないです。

FTP250wに行くビジョンがわきません。どれぐらい乗ればいいのだろうか・・・

FTP下がった・・・

前回FTP Testをしたのは4月15日でした。

今日は久しぶりに三浦海岸でも行こうかとも思ったのですが、最近の土曜日はやる気が減退しているので結局走りには行かずに、夜にFTP Testを3ヶ月ぶりにやってみると、めっちゃFTPが落ちておりました。

 

結果は152w。

 

前回は194wだったので、42wも下がったことになります。

 

seasonwind.hatenablog.com

 シクロスフィアでデータをみてみましたが、NPは152wでZWIFTでやっているSST Shortをやる時がだいたい152w平均なので、テストの精度が高いということがわかった感じです。

 

2〜3分であれば200w以上も何とか出せるのですが、最終的に20分以上を200w維持する力はまだないという貧脚ぶりを再確認したという感じです。

 

課題としては週末は外でしっかりロングライドをやって平日ローラー台でトレーニングしないとレースに出れる脚にはならないということがわかりました。

パワーメーターを取り入れて完全に実力がないことがわかってしまいました。

 

仕事しながら平日練習するのは辛いなぁ・・・

【スポンサーリンク】