SeasonWINDはてなブログ版

自転車、アニメ、マンガ、日常の由無し事を徒然なるままに書き綴っているブログです。

宮ヶ瀬クリテリウム2019 第2戦 ピュアビギナー第2組に参加してきた。

2019年9月14日(土)ウォークライド主催の宮ヶ瀬クリテリウム2019第2戦のピュアビギナー第2組に出場してきました。

レース動画は以下になります。


宮ケ瀬クリテリウム2019 第2戦 ピュアビギナー2組目

本イベントは冬のトレーニングレースでお馴染みの大磯クリテリウムと同じウォークライド主催のレースイベントで初心者から上級者までクラスが細かく分かれているので自分の実力に合わせたクラスに出場することができます。

 

大磯クリテリウムがほぼ平坦の直線コースで構成されているのに対して、宮ヶ瀬クリテリウムは坂もあり、カーブも多いテクニカルなコースとなっています。

ロードレースに必要なテクニックとパワーの全てがギュッと詰まったイベントだと言えるでしょう。

 

f:id:nob0018:20190916230927j:plain

ライダーズミーティング

そんな宮ヶ瀬クリテリウムは自宅から60キロちょい離れた会場で開催されるということもあり、例の如く自走で参戦。

そして、またいつもの如く寝坊して試走の時間には間に合わずにギリギリライダーズミーティングの時間には間に合いました。

ライダーズミーティングを聞いた後に受付を済ませて自分の出走時間を待ちます。

出走時間を待っている間にアスリチューンを購入して、レース30分前に赤いアスリチューンを飲んで最後の悪あがきをします。

 

9時7分に予定通りレースがスタートしました。

ピュアビギナークラスは、2.5周は集団走行に慣れることを目的にローリングスタートで追い抜き禁止で走ります。追い抜き禁止とは言え、このローリングスタートで前方に位置していないとそれほど広いコースレイアウトではないので残り3周のレースで勝負することができません。

というか、私はローリングスタートの際に最後尾となってしまったため、全然良いところがなくレースが終わってしまいました。

 

このレースは前述した通りそれなりの坂が一つ用意されているため、坂が登れないと全く勝負になりません。

ダイエットの効果で坂は何とか登れたのですが、下りからの右コーナーやシケイン、右ヘアピンカーブなどかなりコーナリングスキルを求められるコースレイアウトとなっており、右コーナーが苦手な私はコーナーで前走者から離されてしまい全く勝負にならなかったというわけです。

 

しかもレース中は意識できなかったのですが、コーナーを速く回ろうとしてヘアピンではスピードを殺しすぎてタイトに曲がっておりました。

実際には、大回りしてなるべくスピードを殺さずにコーナーを回った方が結果的に速いのだろうと思いましたが、レース中には気づくことができませんでした。

何のために、レースのテクニック本とか読んでいるのか・・・

 

ちなみに本レースでの私のPWRは約2.5倍程度でした。ビリではなかったですが、レース動画ではゴールするところまで映っていませんでした。残念です。

 

レース後は、宮ヶ瀬おんの移動販売車が来ており、ハワイアンハンバーガーを購入していただきました。大変美味しかったです。

f:id:nob0018:20190916232440j:plain

宮ヶ瀬おんダブルチーズバーガー

何とかコーナリングの練習をして、来年宮ヶ瀬クリテリウムはリベンジしたいですね。

その前に大磯クリテリウムでピュアビギナーを卒業すべくトレーニングあるのみです。

 

f:id:nob0018:20190916232617j:plain

宮ヶ瀬湖

レース後、少し休んでから自走で帰りました。

f:id:nob0018:20190916232709j:plain

ミニストップで補給

サイコンにルートを入れてこなかったので、iPhoneでナビタイム自転車版を起動させて音声案内をさせて走っていたのですが、微妙に音声を聞き取れずに道を間違えたりして、往路よりも復路の方が10キロほど多く走ってしまいました。

途中でいつもの尾根幹コースに戻って来たので、いつものミニストップで補給して家に帰りました。

 

久しぶりにトータルで100キロ以上走りましたが、天気が曇りで涼しかったのでいつもより楽に走れました。

100キロ以上走ると疲れはするのですが、仕事のことをすっかり忘れられるので良い息抜きになりますね。

 

次は、9月28日のキャラクターエンデューロに中学時代の友達と出場です。

 

 

Wiggleで購入したwahoo KICKR 2018のサポート対応について

さて、以下のブログ記事にて記載した私のwahoo KICKR 2018は自転車海外通販でお馴染みのWiggleにて購入しておりました。

 

seasonwind.hatenablog.com

 前回壊れた際にもWiggleのサポートに問い合わせていたのですが、この際にはWahooのサポート窓口を紹介してもらいました。

Wiggleで購入したものでも、Wahooが対応してくれるので連絡してみてね」といった内容で、Wahooに問い合わせて最終的に新古品に交換してくれるということになったのですが、Wahooのサポートからは最後に「Wiggleで購入したものはWiggleのサポートに問い合わせてね」という回答をいただきました。

 

この時は、新古品に交換されて調子が良くなって戻ってきたのであまり気にとめておらず、今回の故障の際にも前回交換してもらった新古品が壊れたということで、Wahooのサポートに問い合わせしました。

 

すると今回はWiggleでの購入なので、修理対応番号を発行するから、この番号をWiggleサポートに連絡して対応してもらうようにという回答をいただきました。

 

そして、Wiggleのサポートには「Wahooに連絡したらWiggleサポートに対応してもらうように回答をもらったから対応してね」と連絡したところ、Wiggleサポートからは「シリアル番号を連絡してね」という回答をもらいました。

 

そしてシリアル番号を連絡すると対応方法を検討するのでDHLの集荷依頼を頼むから住所と名前を英語で送って欲しいと連絡をもらいました。

 

指示通りに住所と名前を英語で送るとDHLから集荷依頼申し込みのメールが届いたので、休日に取りに来てもらうようにしようと思います。

 

Wiggleのサポートでは修理できるものは修理するけど、返金扱いにすることが多いから、交換希望であれば交換希望と調査結果が出たらサポートに伝えて欲しいと合わせて連絡をもらいました。

 

うーん、KICKR Coreは故障が少ないという噂もあるから、いっそのこと返金してもらってCoreに買い換えるということを検討してもいいかもしれない。

 

この際にはWahoo Directで購入するとサポートもスムーズになる(前回経験済み)ので良い手段かもしれないと考えおります。

 

調査結果が出るまでは結構時間がかかりそう(まだ発送もしてない)なので、ちょっと検討してみようと思います。

 

結果はまた今度記載します。

 

WAHOO キッカーコア スマートバイクトレーナー

WAHOO キッカーコア スマートバイクトレーナー

 

 

wahoo KICKRは壊れやすいのか・・・

前回wahoo KICKRが壊れた際には、結局点検済みの新古品と交換していただくことになりました。 

seasonwind.hatenablog.com

 そして、交換品ははじめは新品時と同様に抜群の静音性を兼ね備えたそれは素晴らしいスマートトレーナーだったのですが、その状態も結局2、3ヶ月しか持ちませんでした。

なんか使っているとフライホイール部分が真っ直ぐに回転しなくなるのか、回転をあげるとガタゴトと音がするようになりました。

購入時に経験したようなノックするような高音ではないのですが、購入時の静音を体験していると正直我慢ができなくなってきたので、ネットで色々と修理する方法を探してはみたものの結局決めてになるような解決策を探すことができませんでした。

 

というわけで、wahooのサポートにメールを送りました。

自分で修理できるのであればしたいのですが、果たしてどうなのでしょうか?

 

そういえば、新古品はフライホイールを止めるネジがアーレンキーを使う六角ネジではなくなっておりました。

蓋を開けるとロットにより微妙に構造が違うようでYoutubeで観る分解動画も自分のものとは少し違うようでなかなか参考になるようでなりません。

 

そんな動画を参考にしつつフライホイールを外せないかとトライしてみたのですが、外れないようですね。

ソフトの故障でないなら、購入者が修理できる構造にならないかなと思いました。

さて、サポートからはどんな回答が来るのでしょうか・・・

 

現状wahoo KICKRは2、3ヶ月しか持たない製品に私の中ではなり下がっていますが、調子が良いwahoo KICKRは良い製品なので何とかして欲しいです。

安いものではないですからね。 

 

 

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝 〜永遠と自動手記人形〜」を観ました。

ヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝 〜永遠と自動手記人形〜」を観てきました。

期待を裏切らない大変良い作品でした。

ヴァイオレットファンの方はぜひ来年公開の劇場版を待ちつつも、本外伝も観覧に行かれることをお勧めいたします。

 

来場者特典として頂戴したのは「アン・マグノリアと十九歳の誕生日」という短編小説。テレビシリーズで私の涙腺を派手に崩壊させてくれた作品の後日談というか、アンの十九歳の誕生日を綴ったお話。テレビでも時間は流れましたから、後日談というのは少し違いますが、十九歳の誕生日当日にフォーカスしたお話です。

それはそれで涙腺がやばかったです。

テレビシリーズでもかなり好きな話の短編をもらえて大変満足です。

他の2冊も欲しいですし、3週目の本外伝の小冊子も欲しいですね。

 

本外伝についてのお話の内容については、ネタバレになるので詳しくは触れませんが、ヴァイオレットちゃんの成長を感じることもできますし、手紙がつなぐ絆の話は相変わらず私の心を揺さぶりました。

 

このヴァイオレット・エヴァーガーデンというお話は本当に心に響くアニメ作品ですね。

手紙だから伝えられることがある。手紙でしか伝えられないことがある。

この作品を観ると、普段手紙を書こうとは思わない私ですが、普段言いたくてもなかなか言えない言葉を手紙という形で誰かに伝えたくなりますね。

 

大変お勧めです。

ブルーレイもきっと購入するでしょうし、何回か観に行きたい作品です。

 

 

「SNSの超プロが教える ソーシャルメディア文章術」を読みました。

もっと自分のブログの集客数を上げたいなと思い立ったので、「SNSの超プロが教える ソーシャルメディア文章術」を読みました。

先日同著者の「 学びを結果に変えるアウトプット大全」を読んだ際に本書の紹介もされていたので、どんなものか気になっていたのでKindleで購入して読みました。

 

seasonwind.hatenablog.com

 

結果として、ブログの文章をどうするというのには少しくらい参考になりました。

しかし、基本的にはFacebookTwitterにはどのような文章が適しているのかを説明しているような内容でしたので、ちょっと期待ハズレではありました。

 

もちろん本書の内容を応用することでブログの記事についても使える考え方は豊富に記載されていたのですが、枕詞としてFacebookTwitterが来るので、ブログ記事への応用を考える上では邪魔になってしまいました。

時間を開けてもう一度読んでも良いかもしれません。

ただ、そもそもブログをソーシャルメディアと呼ぶかというのが微妙ですからね。

会員制のブログであればソーシャルメディアとして考えても良いと思うのですが、基本的にブログは交流が目的ではないので、ちょっと本書の内容とは違うのだろうなぁとは思いました。

 

とは言え、本書の大部分をしめるFacebookでの長文記事の書き方がブログ記事としては参考になるのだと思います。

また、いくつか自分が知らないツール(サービス)についても知ることができたので、

これらは今後利用を検討しようと思います。

 

あとは、私はここで記事を書いた後にはてなブログの機能を使ってTwitterでも記事を公開したことを呟いていたのですが、この機能の文章を変更することはなかったので、本書を読んで、今後は変更してみようと思いました。

その方がTwitterからの流入が増えるのではないかと本書を読んで考えたからです。

 

ここではまだ利用していませんが、「bitly」という短縮URL発行サービスを利用してみることも検討したいと思います。

 

自分の書いた記事についてどれほどの人が読んでいるかを可視化することで、人気のある記事の傾向や投稿時間などを分析して、ブログへの集客を増やす材料とするという考え方についても本書に記載されております。

はてなブログのアクセス分析でも大まかには分かりますけどね。

もう少しGoogle Analyticsの使い方も学んでみようかなとも思いました。

 

他にも、文章を書くネタ探しの方法も記載されており、何か書いてみたいけどネタがないという方にはネタの拾い方も参考になると思います。

 

私の場合にはネタ探しには実はそれほど困っていないのですが、長文を書くとなると時間がそれなりにかかるのでどうしても自転車のトレーニングとアニメを観ることを優先してしまいブログ記事を書くことが疎かになってしまいます。

この状況を打破する方法は書かれていませんでした。

まぁ、隙間時間を使うというか時間を決めて習慣化するというのが一番良い方法なのだと思います。

 

他にも樺沢先生の本は色々面白そうなので、何か自分の参考になりそうなものがあればまた何か探して読んでみようと思います。

SNSの超プロが教える ソーシャルメディア文章術
 

 

【スポンサーリンク】