読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SeasonWINDはてなブログ版

自転車、アニメ、マンガ、日常の由無し事を徒然なるままに書き綴っているブログです。

自転車マンガあれこれ

私は自他共に認めるマンガ好きであり、最近はまっている自転車に関するマンガも相当数読んだなぁって感じです。
そこで今回はそんな自転車マンガについて一言レビュー形式でつらつらと書いていきたいと思います。
ちなみに、ほとんどの自転車マンガはKindleで購入しているため、私のKindleには自転車マンガがこれでもかというほど並んでおります。
では、以下に記載していきます。

シャカリキ!
自転車マンガと言えばの代名詞と言っても過言ではないですかね。とにかく熱い自転車マンガです。当時読んでいた時には自転車に乗ろうとは思いませんでしたが、っていうか今でもこのマンガを読んで自転車に乗ろうとは思いませんが(次元が違いすぎる・・・)、マンガとしては最高に面白いですので、熱い自転車マンガを求めている人はぜひ読んでみてください。

アオバ自転車店シリーズ
シリーズと記載したのは、「並木橋通りアオバ自転車店」、「アオバ自転車店」、「アオバ自転車店へようこそ!」というように掲載誌の移り変わりとともに題名も変わっていますので、このように記載しました。自転車マンガとしては一番歴史の長い作品です。自転車に関するちょっといい話がいっぱい読めますし、自転車という乗り物には様々な種類(用途)があるというのを気づかせてくれます。

のりりん
読むとロードバイクに乗りたくなります。ロードバイクに関するウンチクマンガですかね。こういうマンガ結構好きです。
ただ、出てくるロードバイクはちょっと手に入らないものが多いのですが、ウンチクはそれとはあまり関係ないので面白いです。

ツール
栗村修さんが監修に入っているため、ロードレースという競技がよくわかるマンガになっております。っていうか、はじめて読んだときはあまりのめり込めませんでしたが、ロードレース関連の書籍(栗村修著)を読むとこのマンガで書かれていることが書かれているため、改めて読んだら大変面白かったです。
ロードレースを観戦するときには本書を読んでおくと大体レース展開がわかるかもしれません。
そういう意味でもっと続いてほしかった作品です。

ろんぐらいだぁす!
読むとロングライドしたくなります。っというか、私がロードを購入したのはきっとこのマンガを読んだからですね。
何で読んだのだろう?コミックREXはニコニコ静画で無料で読めるから、それで読んだんだっけかな?
元々はダイエットのためにクロスバイクに乗っていたのですが、このマンガを読んでいたら無性にロードバイクに乗りたくなって2014年6月にロードバイクを購入してレースに出まくっております。
このマンガのロングライドというかロードバイクに乗る回が毎回楽しみです。

東京自転車少女
絵は最も好きです。ただ、あんまり自転車は関係ないような気がしますが・・・
練馬でポタリングするというなかなか限定的な面白みのあるマンガです。加藤さんマジで可愛いです。

南鎌倉高校女子自転車部
ようやくチームジャージが作中でも出てまいりました。いまいち作品のテンポが読めませんが、それなりに好きな作品です。
もう少し自転車のウンチクは増やしてもいいかと思います。
女の子をメインにしたいのか自転車メインにしたいのかどっちつかずな感じが否めません。
っていうかいまいち主人公が目立ってないのかな・・・

かわうその自転車屋さん
今大人気の自転車マンガです。ゆるい感じが受けているのでしょうか?Kindle化はされていないのでAmazonで取り寄せました。続きが楽しみではありますが、ネタが続くのか心配です。

くるくる自転車ライフ
かわうそと同じ作者の作品です。かわうそでなくこっちの路線でもよかったとは思いますが、テーマは同じですかね。
自転車は楽しいというのがよくわかる作品です。

Oddsシリーズ
これは大変熱い作品です。競輪はロードバイクとは違うので少し敬遠していた時期がありましたが、熱いです。シャカリキよりもある意味熱いです。競輪選手ヤバいって感じですかね。でも、いつかロードでライバルと勝負という夢がかなう日が来るのだろうか?それまで連載続けてほしいです。

弱虫ペダル
自転車人口を増加させている原因になっている作品ですかね。小野田くんが1年の時の方が面白かったですが、とりあえず読んでます。ちょっとキャラが超人になりすぎてしまっている感じはありますが、少年誌ではしょうがないですね。
ツール!とは一線を画す感じですがマンガということを考えるとこっちの方が正解なのかなぁ・・・

他にも書いていない作品があったような気もしますが、それはまた思い出したら、書いていきます。
とにかくどれも面白いですが、どれか一作品をお勧めしろと言われたら、傾向にもよりますが私の目的はロングライドなので「ろんぐらいだぁす」をおすすめします。
その割にレースに出まくってますけどね・・・

【スポンサーリンク】