読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SeasonWINDはてなブログ版

自転車、アニメ、マンガ、日常の由無し事を徒然なるままに書き綴っているブログです。

ろんぐらいだぁす!6.5巻読みました。

 自転車にどっぷりはまる原因になったと言っても過言ではない「ろんぐらいだぁす!6.5巻」が発売されたので、購入して読んでみました。

ちなみに、私は「ろんぐらいだぁす」は紙のコミックとKindle版の2つ購入しています。1巻と0巻はKindle版をまだ購入していないのですが、そのうち購入するでしょう。

ツーリングガイドはどうするか検討中です。

 さて、6.5巻はメインのストーリーではなくファンブック的な位置づけですね。

コミック発売時の付録であるとか、Webの告知用のイラストとかを集めた内容になっています。

なのでComicZinとかで「ろんぐらいだぁす」を購入している方々は多くの内容をご存知なのかもしれませんが、私は地元のアニメイトでコミックはほぼ購入しているため「ろんぐらいだぁす」の小冊子はみたことがなかったため、結構初見の内容が多かったです。

また、ツーリングガイドと同様に劇中のルート紹介もあり、本書の内容はなかなかに充実しているのではないでしょうか。

漫画はおまけ的なものになっておりますが、ルート紹介は漫画ではわからない内容もおさえているため、参考になります。

とりあえずファンなら買っとけみたいな内容ですね。

 

冒頭「ろんぐらいだぁす」を読んで自転車にはまっていると記載しましたが、「ろんぐらいだぁす」はロングライドとヒルクライム(ロングライドにはつきものだからかな)が中心の内容ですが、私はもっぱらレースが主(勝てないですが)なので、「ろんぐらいだぁす」の内容とは少し違います。

ただ、先日はアルプスあづみのセンチュリーライドにも参加してきたり、聖地巡礼?も行っていますし、東京に住んでいるので飯田牧場とかにも行っていますのでろんぐら信者と言ってもいいでしょう。

ニコニコ静画で毎月無料で読める月刊Comic REXの更新も楽しみしてますしね。

 

まぁ、もう少しレース主体の漫画があってもいいかなとは思いますが、それは少し難しいですかね。

ちなみに、「弱虫ペダル」も読んでいますがあれは少しファンタジー要素が強すぎるので、「ツール!」みたいな漫画がまたはじまってくれると個人的には大歓喜だったりします。

いつもの如く「ろんぐらいだぁす!」の話からそれてきましたが、7巻ももうすぐ発売ですし、秋からはアニメもはじめるし、今後の展開が非常に楽しみな作品です。

アニメも出来次第ですが、今のところBlu-ray買う予定です。

 

【スポンサーリンク】